日野保育園ブログ

2016年06月20日

みんな大好きカブトムシ

昨年度、卵から育てているカブトムシが無事にサナギになり今月成虫になって土の中から出てきました。 保育士よりも子ども達が先に成虫になったカブトムシを発見!朝、うめ組のお部屋に行くと「せんせい!カブトムシが土の中から出てきてるよ!」と大興奮で知らせてくれました。早速、棚からカブトムシの入れ物を床におろしてフタを開けるとみんなカブトムシを囲い場所の取り合いが始まりました。保育士がみんなが見れるよう場所を確保して落ち着いたかと思うと今度は触りたいと言うものの怖くて触れなかったり、触ったはいいがカブトムシが(足の先が爪になっていて引っかかるため)指や服から離れず大騒ぎが始まりました。初めの頃はその繰り返しをずっとしていました。 そのためカブトムシがゼリーを食べていようが触ったり持ち上げたり、手について取れないときは手を思いっきり振って入れ物の壁や床に叩きつけてしまうことが多々ありました。 その都度、みんながご飯を食べているときに邪魔をされたり、思いっきり壁や床に突き飛ばされたらどんな気持ち?と保育士が問いかけて見ると「いやな気持ちになる」とみんな言っていました。(カブトムシにはそういった感情はないとは思いますが・・・) 子ども達がカブトムシが好きで触りたい気持ちはわかります。しかし保育士としては生き物を大切にして欲しいという思いもあるので触り方などを話していきました。 今ではとても大切にカブトムシを観察したり触れたりして楽しんでいます。 ゼリーをあげる係りは給食の配膳をやってくれているお当番さんにお願いをすることにしました。 みんな今日のお当番さんは○○グループだよと伝えると「やったー!」と張り切ってやってくれています。 カブトムシはうめ組にしか居ないので保護者のみなさんもぜひ見に来て下さい。 フリー保育士  古屋 光
at 14時17分

2016年06月01日

楽しかったね、染め紙遊び★(2歳児)




先日もも組で染め紙遊びをしました。今回はその時の様子を伝えしたいと思います。


始めに保育士が前でやってみると興味津々の子ども達★ピンクや水色、黄色の絵の具の中に障子紙を折ったものを順番にちょんちょんとつけてみました。その後保育士が障子紙を広げてみると……‘わたしもやりたい’や‘ぼくもやる’と言った様子で目をキラキラさせてニコニコしていましたよ。

実際に何人かずつ子どもがやってみると「最初はこの色!」や「次はこれにする!」と次々に障子紙をちょんちょんして楽しんでいました。中には絵の具が染みるのがわかっていて「みてみて!」と保育士に伝える子や保育士が「絵の具が広がてきたね」と言うと不思議そうにいる子もいました。3色の絵の具をつけた障子紙を保育士が少しずつ広げると「かわいい」や「きれい」と大喜びの子ども達でした☆★作品ができると「パパママに見せる」と嬉しそうに言っていました。みんなそれぞれいろんな模様になりかわいい作品ができあがりましたよ♪♪


もも組の子ども達は製作が好きで興味津々で取り組んでいます。

これからもいろんな素材に触れて保育士や友だちと楽しんでいきたいと思います!!


もも組担任    塚本彩夏








at 14時07分

カレンダー

前の月 2016年6月 次の月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー