園長あいさつ

保育園はお子さんを「預かる」所だけではなく、 ご家族の皆さんと健やかな成長を見守り、共に喜び合う所です。

常に子どもの視線から、 小さな生き物や発見の感動、行事を通して達成感の喜びを三者で感じていきたいと思います。

 

子どもの成長はけして「大人の思い通り」になるものだけではありません。
子育てが楽しいと思えない時もあるかも知れません。
けれど、ちょっと一歩引いて考えて見て下さい。日常の笑いの中に必ずお子さんがいるのではないでしょうか。
お子さんを「育てなければ」という思いから、「一緒に生きよう」という視点で共に子育てをしていきたいと思います。

 

私たち職員も保育園の役目とは何かということを常に念頭において子育ての援助、
応援団として努力していく所存です。職員間でも初心を忘れず、
日々の成長を合言葉に子どもたちと一緒に学んでいきます。そして安心して保護者の皆様に預けて頂ける保育園であり続けたいと思います。

 

そして「温故知新」を大事に設立の歴史を守り、 または新しいものへの興味を失わず、皆それぞれに成長する保育園でありたいと思います。

 

いつの時代でも子どもは、裸で生まれ、子どもの世界を求めています。
親が子どもを変えていくのではなく、親は常に子どもから教えられる存在です。 僭越ながら1人の子を持つ親として反省を込めた教訓を・・・
「子は親の言うとおりにはならない。親のしたとおりになる。」

 

 

社会福祉法人のぎく会 日野保育園
園長 のはら ひさよ

 

 

園長プロフィール

子どもたちに思うこと「みんなちがって みんないい」 保護者の方に思うこと「立派な親でなくても、子どもと一緒に泣き笑う方が大切です」

野原 久代

経歴

1960年5月生
私立大学 社会福祉学部同学科卒業
1986年 日野保育園入職
2007年 現職就任

家族構成

・息子(1990年5月生)
・箱入り娘たち

photo